庭蝉

千葉市中央区
Y邸マンション

マンションの庭は室内からの景色に重点を置く必要があります。室内からの目線を正面ではなく左斜め奥に持っていくことで庭に奥行きを持たせています。物干台には普段物干として使う機能(太陽の向き、日照条件や雨天時にも対応)を先行して考え、さらに来客の時などにはハンギングの台としても機能するようなデザインにした。施工中、お子さんが「登りたい!」という事で物干の幹に小さなステップを作りました。僕が行くといつも登って見せてくれます。 ※マンション一階庭

施工の詳細

工期:
約10日

この施工例の構成要素

マンション

施工例の詳細写真

  •  
  •  
  •